フォト

BlogPet

  • BlogPet
無料ブログはココログ

なんでもリンク

フレンドリンク

今気になるブログの方

ブログパーツ

  • チョコっとネ♪

あし@

ねこちゃん

« 2010年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2010年11月

告発投稿祭の開始(その裏で・・?)

 おはようございます。本日は列島全国で秋晴れに恵まれますように。

一息ついたのか、告発投稿 尖閣列島中国船(閩晋なんちゃら)という。偽装工作船?が「体当たり」をして来た
YOU TUBE ノ話題も 何時ものような 感じで 大手メディアは論調に・・・・ 
 
 彼の大炎上「尖閣の真実 海上保安庁1~6」である、この動画は有志が保存UPしながら、永遠に消す事ができない。 
 民主党、政府関係省庁のトップは「概ね、真偽を精査、もしそうなら調査する・・・」「遺憾だ・・」

 私は、早くからAPEC前に未編集のVTRを全国民にまた、全世界に発信し 正義いずこにアルヤ!!を問えばいいと・・・なぜなら、巷では仙石官房長官が「公開したらAPECがとんでしまう」とか言ったいわないと?噂されていましたから。昨日は那覇地検の記者会見は見ていないのですが。なんと仰ったのでしょうか?
 国交大臣の会見を見て、正直の感想はこんな頭の下(もと)では、あの動画のように命張りながら職務に忠実に励んでおられた保安官の各官様に・・・涙がこみあげてきました・・あまりに情けなく・・。
 
 外務大臣の答弁で、「政府関係者が流失させたのであれば・・略」と。ご答弁された。
 当初、現地に出向き動画つぶさに見て、憤慨し「国内法にのっとり、粛々と・・・と、その時の、国交省大臣、いま外務大臣の貴方では?
 
 その貴方は、処分保留で船長釈放に際し、大臣を辞し信じるところを貫きましたか?どうですか?
 
 首相、官房長官・・・言葉にするのも情けないので仲間の方にお譲りいたします。
 
  彼の金 美鈴 さんのお言葉だけを「参拝するのも100の理屈があり、しないのも100の理屈があるのです、あなた方日本人が・・・・・・」目を覚ましたい人だけ見ましょう。R-18 
 
  そもそも、民主とは主権が国民 民草にあると言う、事ですよね?
  その民の代表として政権を預かるものが、国の進路を誤らせる権利はどこにあるんですか?
  頭に”自由”がついている民主党の方々も同じ穴の貉ではないのでしょうか?
   【靖国に参拝するのに、周辺諸国に配慮する必要がある、根拠をまず示しなさい!!】


  嗚呼、最近は官僚さま、省庁の責任にしなければ、イモイモですか?
 では、話を戻し尖閣侵犯の話題に。
   
  そもそも、我国は民主主義国家で三権分立が機能している国家であるそうです。
「国内法で粛々と」、といわれて、公開、告発前にも。処分保留で那覇地検が船長を釈放するなど思いもよらず。姑息な情報操作で重大な国益の損害を起こした。下手人は本当に那覇地検の憲法違反とも言うべき、処分保留の決定でいいのですか?(”自民党”もこんな追及をしなさい。) 
 
 その後、中国とロシアは貉の気脈を通じ姑息な、歴史を歪曲し先人が交わした「国家間国際間条約」さえ、歪曲しはじめたではないか?
 
 (戦争により獲得した、領土は、現在都合の良い解釈、「力 経済か軍事か?読者におまかせしますが」) 
 
 
 検察庁に一片の正義が残っているのなら!!直ちに彼の船長を起訴し発表を行なう事!!【在宅起訴】の屈辱は否めませんが、”国民はその勇気と既得権に恋々としない我国の司法権を見直すことでしょう”
 たとえ、もし、内閣の狡猾な「指揮権発動」をちらつかされての、やむ終えない仕儀を暴露するの威がかの政府より来ようとも、今の国民は目覚めています。あなた達を必ずや支持します。(最高検の大阪特捜部事件は別の件なので、自浄自戒をのぞみます。) 
 
 何処が?ダレが?ではなく、今しなければならない事は?で、庶民より賢明と自負される官僚様方へ。
 もう一度、申し上げます。主権は民草にあり、あなた方に当落もなし。時の政府に追従し短期の勲功を稼ぐのもよし。あなた方ご自身の子孫に取り返しのつかない負債をのこすもよしです。 
 
 
 私はここに至るも、民主主義の理想を追い求め、司法が彼の船長を在宅でも起訴していただけたら。
 その、精神が守られたと検察庁を評価したいと思います。
 
  
 
 あの動画をみて、私の姪など「うみ猿」を見るよりも。じゅんこ?になるよ?!!」
 いちぶ、意味不明で【親父のなせるわざか】保安官に益々、傾倒風情・・
 
 
 告発後、海上保安庁に100件、以上の声がとどいたらしぃ。
   主には、誰?ではなく寧ろ、あの内容が興味深い、全公開をこうこえと、誰が告発したを是が非でも、追求しないで!!が八割をこえていたらいしい。
  
  この報道は、めちゃくちゃ嬉しい報道でした。
  (姪っ子も、入っていたような気がする・・)

 的確に当該船をとらえ、時間を位置を距離を記録し、動じることなく。声を出す覇気をたもち、ぶちかまされた衝撃をたえぬき・・【ほめすぎだろうか?】 ・・・
 
 最近、メディアで取り上げられている、海上保安庁の現場の保安官の方々の活躍が有り難く尊く、感じられそれだけでも今回の告発の”快挙”は素晴しい事だとおもいます。

 
 
 「結局 内部告発でしょ?・・・結構な事じゃないですか?」
                                       石原 都知事 曰く

 
 
 

  専門家の分析では、海保からの告発は薄いらしい。
 

 私の見解。
 
 どちらでも構わないと、「どうでもいい」ではなく、田母神閣下のいわれる、青山繁治氏が言われる。
 
 民主主義国家が瀕死であろうと、いまだ、機能しているのではないのか・・・と?

 今回のYOU  TUBE 動画の件で。 義憤による告発説、中共陰謀説、内閣自演説・・・・


 
あまた、諸説、侃侃諤諤・・・ありますが、私は思う・・・おいておけw
 
 
 私は告発と信じたい、なぜなら、現政府は我ら国民に誠実であったか?

                     現内閣は我ら国民と、その政府省庁に尊うべき姿を一片でもみせたか?
                            
                      野党は政局や攻撃以外に国民の国家の益を至誠により、追及しているか?

  面白かったのは、各メディアのその出演者、コメンテエィター。アナリスト、学者先生方・・・
   (御用学者、御指名評論家・コメン。。。。)
各、メディアが、ある目的に沿って、放送を悪戯にしているかがおかしかった。 
 ネットに関係する方々には、ごぞんじなことですが。。
  
 大多数のおとしより、おばちゃん達は地上波NHKなどが、唯一の情報源とおもいます。
ある思惑で放送されていない事を、イメージ操作などはされませんように。切に御願いいたします。 
 
 
 
 
 
         最期に官首相(現国家宰相です。)

      「最も大事な事は・・・」(あきれたので、このへんで・・・


  勇気ある(そう信じたい)、今回の告発者(Sengoku38) に喝采を送り。日本人に誠を顕したはじめての存在と魂に刻みましょう・・・
  そして、彼の勇者に恥かしくないよう!!民主は民草の主権を!!

 後記:今回は民主主義の矜持、理想を最重要の表にだし、心の叫びを少し吐露させていただきました。

    私のような(ちっこい)民草にも、サイバーアタック的な嫌がらせがはじまり。(どれだけ暇と、人材資材
           財があるのかと?)

          今日も!!「天安門虐殺事件」。 「チベット侵略 虐殺」  ★「ウイグル侵略 虐殺 核人体実                  験」!!。

 解体三法案はかならず、阻止しましょう~

  

 
                       

            

我国は、すばらしい国。

 おはようございます。
 
 タイトルの言葉は、悪名高き(ご自身がお気に入りのフレーズの)、田母神(前航空幕僚長)閣下のお言葉です。
私は、不敬にも閣下をはじめて、お見受けした時「線の細い、オタク系軍事小役人かな?」と、その後、論文問題から国会の審問とも言うべき彼の国会中継で、当初の自身の初感が大変な間違いであった事を凄く反省し恥かしかった。今は閣下は、私の中では日本国防衛軍空軍総司令官 閣下であり すえ永くこのポストに居られますように祈りつづけます。航空総司令官いや!国防の父 
 
 悲しくも彼を罷免したのは、自民党政府であります。または、制服組を蝕むキャリア組みの防衛省の一部売国の徒党が彼にその勲功に報いるに、夜中に退官させるという・・・屈辱的な報いを蛮行したのである。
 およそシビリアンコントーロールと・・・これは、出来の悪いコントと言うべき、武士を扱うにこれほどの蛮行を私は小説の中にも見出せない、今現在においてもです。

 
 しかしながら、私は閣下の(実質の罷免)退官を不遜にも、一縷の望み、「光」と感じました。
閣下はご自身の信じるところ、一ナノmも譲らず、むしろ情報的戦略的に着実に国防の領土を今現在も拡張し、国士を集わせ陣頭に立ち、満身創痍になりながら、寸土の領土おも犯されず!!の気概を体現されておられます。
 
 かの指令官の部下は、迷わずに一命を賭して、愛するものの為、散華したでありましょうと実感いたしました。
彼の退官されるまでの、空軍諸兵は幸せな将兵であったでしょう・・・
 
 その閣下の言葉、我国は大変すばらしい いい国です。
 
 
 戦に敗れて、なお再興した国はあまたあり、ナチスドイツでさえ敗れてのち   現在は国防軍を保有し 核兵器を準保有し戦略的核訓練を日夜、行なっている。これが国際社会です。

 故 中川昭一氏は「核、保有議論でさえ、タブーにしてしまった、非核四原則は・・・」と。

 賛否両論勿論ありましょうが、議論さえさせないのは、いかな国の思惑でありましょうや??

 国防序論より 
 
  目覚めし民草の皆様、目を開き、耳を立て、構える時が来ているようです・・・ 
 
 乱文乱筆を御寛恕くだされ。
 
 

小児 大日本のトラウマ

 
  おはようございます。
 
 歴史は勝者が・・
イヤ!と言うほど、身につまされる昨今・・
 
最近、先達のご尽力で
   
   亡国が再興出来なかった例が無く、矜持を捨てない国は必ず再興を達する。
   (寧ろ、世界を支配した国は、没落した例が非常に多い歴史的真実は皮肉なのか?)
    
   我国は、直近の歴史的事件で言うと。敗戦。
人類史上初の(ウイグル人への軍事的実験の噂?を別として)そして、最期で(希望しながら)ある被爆民族   国家である。
 
  ・・・と、言うのを少し学び経験してきました。
 
 何を身につまされたかと言うと、自分自身や姪、甥、実父義父が国内外に於いて、その様な経験が豊富に?
今は無き、父はその十代まで所謂戦前教育をうけ、十代後半を戦後のどさくを経て、戦後教育をうけながら育っていった様です。「様です」というのも、父はその辺のこと、つまり「戦争前後」の事をあまり語る人ではなく、食いつき食い下がるほど、突き放された記憶が今も御座います。それは私自身にも原因があり と 最近やっと 気づいているなんと不肖ななと自身おもっております。
 
 そんな父ですが、親戚の叔母さんから、戦後どさくさでお前の父はヤクザまがいの・・云々・・と
 それを父に問うと、父は「そうかもしれないが?父は今、監獄にいれられているか?」と・・

 父は、天皇陛下なんてきらいだ、顔を見ただけで殴られた!「ダレに?」と私の問に、父は「教師だ」と・・
 
 

 私は父は反日の、天皇制反対論者だと、、、不覚にも20前まで、おもっていたのです。
 
 ある日、法事で父の事が話題になってより
 今までに少し解った事は・・・


  私にとっての目覚めの日でもあったのです、
 先の叔母の妹が「父の名には、こまったよぉ~」
 私はすかさず「おばちゃんなんで?」
 
 少年航空兵(予科練か?)に入って、特攻へ志願したいと印鑑を家捜し始めたそうな・・・
 その時は、祖父も健在にて印鑑を隠し、なだめ抑え思いとどまらせたそうだ。

  
 私も裏を取るでもないが、父に問いただしました。
 
 あの時の父の顔が忘れられなく・・
 正面からぶつかってきた私に嬉しかったのか?
 照れた顔を隠そうともせず「もう、逝く飛行機もなかったんや・・・と」精一杯の正直な言葉を贈ってくれました。


 何のことはない、父は愛国少年か?愛郷土少年、少なくとも身内護る為、自身を犠牲になるとも顧みもせぬ
漢だったのです。格好のいい武士ではないが。野武士の様な父だったのです。


 父にとっては、敗戦などなんのトラウマでもなかったのです。

 
 明治前の慶応、ごの明治大正 昭和(初期)は気骨溢れる人々の宝庫だったのですね? 
 
 東京裁判、米国の進駐それに伴うふんしょ
言論統制により、その後の左翼的アカデミック誘導。よほど、旧日本軍を恐れていたのか?と おもえるほど、未だに日本人にその民族や文明に不可知な恐れがあるかのような? 
 
 話を戻し、そのため極端な、教育誘導を敢えていうなら、刷り込みを行なったと!!コレにラジカルに反論できるならしてください。
 
 現代語にすると、自虐史観、東京裁判史観、と言うそうです。考えてみたら、昔の武士庶民、以下とされた、エタ、非民といわれた人々はおおくが気骨あったのではないでしょうか?
 少なくとも、好むと好まざるを問わず敵前に立ち、顧みない 「こころざし」「おもい」が そのそれぞれにあり、既得した、利益をすてて、今しなければならない責任をはたしたのです。と私はおもいます。
 
  
  実際に自身に原因のある、トラウマなら、貴方も許せるでしょう?
  敗戦が責任であるトラウマなどとんでもない事です。

しかも、彼の米国は公平フェアーを最も重視しその矜持の一翼をなす国を志向しているのではないですか?
65年私はカブンニシテ。公式に(米国より)「原爆は非人道的な行為であった」・・・などと、聞いた覚えが無いのでが?

 今、ここ数年、日本に米国軍基地がなければ。西沙、南沙、、フィリピン、ベトナムの轍を踏み。
  このまま、弱腰(柳腰?w)外交でしのげるなら、チベット、ウイグル、チェチェンの悲劇はこの世には無く。
  
 竹島、北方の我国領土は、横田めぐみさんはじめ同胞の悲劇は、今までのやり方で、その歴史観で改善されるのか?

 彼の社会党で唯一の国家宰相である、村山首相閣下はあの阪神大震災で、友愛的社会主義的  斬新な対策を講じたのか?否!!なすすべもなく、市井の志士の活躍にのみが・・・・・・・・
 
 はじめトラウマ、のちより既得権護持の友愛的 ”利己主義”と・・・・・・・・・
 
 私達は、敢えてこの戦後トラウマを背負っていきましょう。しかしながら・・・・・・
 
 なん世代?なん世紀かかろうとも、落とし前はつけさせていただきます。と、これが、この国の特色で文明とおもいます、ご心配なくわれわれは、名誉 矜持、潔さを最も尊ぶ民族ですから。侮るなかれ、尊ぶ必要も感じずです。


 トラウマ敢えて、喰らい
  しのび雪辱のひをみん・・・・・・・・・・

 


 


 

« 2010年10月 | トップページ | 2011年12月 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31